読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すずのおと*

〜「ソーシャルワーカー」へのみち〜

カメラノチカラ*

いつからだったか。

 

子どもの頃、遠足の時は欠かさずインスタントカメラを持っていて。

中学生でデジタルカメラを買ってもらって。

ハタチになって一眼レフカメラを持ち歩くようになった。

 

「鈴香が撮る写真が大好きだよ」

母が一番のファンでいてくれて、私はカメラが好きになった。

 

二度と来ない「今」を表現する感覚がたまらなく好きで。

 

その場所にいるから。その瞬間に立ち会っているから。

私だから見える世界がそこにはある。

 

そして、カメラには国も言語も宗教も超えるチカラがある。

そう信じてやまないのは、タンザニアブルンジ難民の子どもたちと出会ったから。

 

f:id:suzuka1:20160624000359j:plain

 

世界最大級と言われているタンザニア・ニャルグス難民キャンプ。

 

www.msf.or.jp

 

車から降りた時、近寄ってくる彼らにどう接したらいいのかわからなかった。

私の想像を絶するほどの経験をして、今ここにいるわけで。

でも、底抜けに明るくて。パワーに満ち溢れていて。

私は難民キャンプにいるのか?って一瞬疑うほど。

 

言語がわからなくても、徐々にカメラが私と彼らの距離を縮めてくれた。

カメラというツールにと心から感謝した瞬間。

(もちろんいきなり写真を撮ると、相手に不信感や警戒感を与えてしまうこともあるから、そこは謙虚に丁寧に。)

 

f:id:suzuka1:20160624000347j:plain

 

f:id:suzuka1:20160624000409j:plain

 

 瞳が青く見えるのは、空が青いから。

もう一度、その手を握りしめたくなる。

 

f:id:suzuka1:20160624000351j:plain

 

6月20日。今日は世界難民の日

なぜ笑顔でパワフルな彼らが、故郷を追われて異国の地で、難民のキャンプで暮らさなければならないのか。

それは、私たちの「豊かな」暮らしと関係しているということ。

 

いつか彼らの故郷を訪れて、この写真を届けたい。

そんな穏やかな日常が来ることを信じて。